お知らせ

「新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策」および「感染防止ガイドライン」の改訂について

令和元年12月に中国湖北省周辺で発生した報告が上がって一年が経とうとしていますが、新型コロナウイルス感染症は患者数の増減を繰り返しながら、現在第3波とも呼べるような増加傾向を示しており、まだまだ気が抜けない状況です。

危機管理委員会では、そのような状況下において、安全に治療院を運営していくために「新型コロナウイルス感染症に対する対応と院内感染対策」および「感染防止ガイドライン」を発出していますが、これから寒冷期を迎えることも鑑み、このたび改訂を行いました。主な改訂点は、

・古い参照データやリンクを改新しました。

・疑い例の定義等を削除しました。(定義自体が実情にそぐわなくなったため)

・寒冷期に対応するため、換気等についての項目を追加しました。

 

各都道府県師会においてこれらの文書を周知していただき、会員の皆様が新型コロナウイルス感染症を正しく理解し、正しく恐れ、『コロナに負けない鍼灸院』として、日々の施術を行っていただけることを心より願っております。

なお、当該感染症におきましては情報収集を継続中であり、状況によっては再び改訂を行うことがあります。

Download (DOCX, 19KB)

Download (DOCX, 34KB)