鍼灸の保険取り扱い

保険取り扱いのできる疾患
次の病気については健康保険で鍼灸治療がうけられます。
1.神経痛…例えば坐骨神経痛など。
2.リウマチ…慢性で各関節が腫れて痛むもの。
3.腰痛症…慢性の腰痛、ギックリ腰など。
4.五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。
5.頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。
6.頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。
7.その他、慢性の疼痛性疾患、膝関節症など。

保険取り扱い手続きの方法
1まず、これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせ下さい。
2.その鍼灸院へ「鍼灸同意書」という用紙をもらいに行って下さい。
3.その同意書用紙を、日頃治療を受けておられる医院、病院等に持参されて必要事項を記入していただいてください。
4.記入済みの同意書、保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは、鍼灸院で行います。
5.同意書は記入日より2週間以内に鍼灸院に持参し治療をお受け下さい。

注意事項
鍼灸の保険適用につきましては、つぎの事項にご留意下さい。
1.保険で鍼灸を受けている期間、その病気についてのみ医院、病院にかかれません。他の病気の治療や検査は受けられます。
2.同意書を書いていただく医師は日頃かかりつけの先生がよいです。
3.最初に医師の同意を受けてから、それ以後は、約6ヶ月毎に再度、同意が必要です。約6ヶ月を経過した時点で、更に施術を受ける場合は、同意医師に改めて同意書を発行してもらう必要があります。
4.保険の種類によっては、患者さん本人が手続きをしなければならないこともありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。

保険取扱会員
鍼灸の保険取扱会員の施術所は「県内の鍼灸院」からお探しいただけます。