学術研修会案内

大阪府学術講習会のご案内【ハイブリッド】

事前申込制で会館受講と WEB 受講を選択できるハイブリッド形式を予定し、下記の内容で準備をしておりますので、会員の先生方におかれましては、万障繰り合わせの上、ご参加お待ちしております。詳細・お申込みに関しては、次号に掲載いたします。(1 月中旬からお申込みを開始致します)

【日時】令和 4 年 2 月 13 日 ( 日 ) 13:30 ~ 16:45
【演題】令和 3 年度第 5 回学術講習会

 講座①「眼科専門漢方医が教える眼科疾患~白内障・緑内障の東洋医学的治療」
     講師:山本 昇伯 先生(山本眼科医院 院長)
【講師からのコメント】
 「眼科で漢方(鍼灸含む)ですか?」というのは今でも言われます。全身は繋がっているという事実が未だあまり理解されていないことが眼疾と東洋医学を疎遠にしているのかもしれません。眼科医は眼症状を眼の所見だけで説明しようとする癖があります。そして、手術と目薬しか武器を持ちません。我々東洋医学の治療者は全身治療と対話という武器を持っています。今回は眼科疾患における漢方治療の適応と実際についてお話します。

 講座②「難治性眼科疾患への山元式新頭鍼療法YNSAの実際」(実技供覧)
     講師:冨田 祥史 先生(康祐堂あけぼの漢方鍼灸院 院長)
【講師からのコメント】
 臨床上遭遇することの多い眼精疲労や眼振など眼科領域の鍼灸治療についてのセミナーです。
脳梗塞後の目の疲れ、眼振に対する山元式新頭鍼療法YNSAの実際や、臨床上の注意点など、眼科領域に対する山元式新頭鍼療法YNSAについて実際の症例を交えてお話します。

【受講料】
会 員:1,000 円(日鍼会・大鍼師会・柔整師会・全日本鍼灸学会の会員含む)
会員外:2,000 円  学生:無料

会館受講、WEB受講共に下記フォームより事前申込みを行ってください。

2月13日研修申込みフォーム(外部サイトへリンクします)

※会館受講希望:受講料は当日お支払いください。
※WEB受講希望:フォームから参加申し込み後、受講料をお振り込みにてお支払い下さい。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)