行事報告

Category
並べ替え
第3回学術研修会~受領委任払い制度の現状と今後について~
講師:(一社)三重県鍼灸師会 業務執行理事 保険委員長 天野 治 先生 今年度の第3回学術研修会(療養費関連)を1月17日(日)に開催しました。今回は25名の参加者を迎え、毎年おこなっている保険取扱いに関する内容となりました。 「受領委任払い制度」が導入されて間もなく2年が過ぎようとしており、その間にさまざまな変更や改...
第3回三重県慢性疼痛診療研修会~多職種連携による痛みへのアプローチ~
第3回三重県慢性疼痛診療研修会                           令和2年12月6日(日) オンライン 三重大学医学部附属病院痛みセンター主催で、医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、鍼灸師など多職種の方を対象としたオンライン研修が開催されました。 丸山一男先生(医師・教授)による「慢性疼痛の考え方」では...
令和2年度 全国青年部長会議~「変化する時代」に対応~青年部から発信~
令和2年度 全国青年部長会議                        令和2年12月20日(日) オンライン 今年度の全国青年部長会議はZOOMを使ったリモート開催となり、各師会の活動などを知ることができない現在の状況でオンラインの利点を最大限に活用し、コロナ禍のなかで全国から多くの青年部長が参加することができま...
オンライン開催「お灸フェス」
日 時:9月22日(火・祝日) 13:30〜16:00http://harikyu-tokyo.or.jp/live (Youtube ライブで『無料』配信します。)杉山和一が祀られている両国の「江島杉山神社」から生配信。【第一部】 13:30 ~ 落語「強情灸&more」講 師:立川 平林《プロフィール》「世...
「運動と体温調節・水分補給について」
                      講 師:公立大学法人 三重県立看護大学 教授 大西 範和 先生   2020年度はコロナ禍で多くの行事の中止を余儀なくされておりますが、9月6日(日)、今年度第1回目となる学術研修会が開催されました。 今回は鍼灸学校に進学を希望する高校生の参加者も含めた11名の参加者を迎え、...
令和2年度定時会員総会報告
5月24日(日)午前10時より三重県鍼灸会館において「令和2年度定時会員総会」を開催いたしました。 今回の総会は新型コロナウィルス感染予防の観点から、「議決権行使書による書面決議」の方法を採用したため会場出席者は役員9名、正副議長(執行部が事前に選任)の計11名での議事進行でした。 報告事項(平成31年/令和元年度事業...
第34回名張青連寺湖駅伝競走大会 報告
全国的に流行しているコロナウイルスの影響で、大会中止や、規模縮小が相次ぐ中、青蓮寺湖駅伝大会は関係者の尽力で開催に漕ぎつけました。私たちも手指消毒や、マスクなどの感染対策を十分行い活動に臨みました。 この大会は今年で34回目。監督・補欠を入れて1チーム10名でタスキを継ぎ、13km、20kmを競走する大会です。企業や同...
第15回津シティマラソン大会 報告
今年も津シティマラソン大会にスポーツ鍼灸セラピー三重のメンバーを派遣し、ランナーへのケア活動を行いました。 レース開始時は雪がちらついていましたが後半は晴れて、気持ちの良いレース日和となりました。 一般的にはレース前のウォームアップのお手伝いや、良いパフォーマンスが出せるように刺さないで貼る「はり」やテーピングで体を整...
三重県と「災害時における業務提供協定」を締結)
一昨年から災害時における業務提供協定について県と交渉を続け、令和2年2月4日に三重県鍼灸マッサ-ジ師会とともに三重県との防災協定を締結しました。 私たちが住む三重県は、東南海地震が発生した際には津波などによる甚大な被害があると予想され、災害が発生した場合とその支援活動を想定しておかねばなりません。 それぞれが所属する全...
第12回JIMTEF災害医療研修アドバンスコースJIMTEF 参加レポート
第12回JIMTEF災害医療研修アドバンスコースに参加いたしました。 JIMTEF災害医療研修アドバンスコース概要 JIMTEF研修は災害医療に関する知識・技術を有する医療関係者の育成を図ることを目的としており、今年度の研修においてもさまざまな医療職から参加がみられました。 三重県鍼灸師会は2月4日に三重県鍼灸マッサー...