研修会報告

「運動と体温調節・水分補給について」

                     

講 師:公立大学法人 三重県立看護大学 教授 大西 範和 先生

 

2020年度はコロナ禍で多くの行事の中止を余儀なくされておりますが、9月6日(日)、今年度第1回目となる学術研修会が開催されました。

今回は鍼灸学校に進学を希望する高校生の参加者も含めた11名の参加者を迎え、本会初となるzoomを用いたオンラインでの研修となりました。

昨今ではいわゆる猛暑日と呼ばれる日が増加しており、毎年夏には熱中症に関する話題がニュースをにぎわせております。

講師の大西先生からは、PCやスマホの画面越しとはなりましたが、体温調整や水分補給の重要性といった生理学的な内容を、大変わかりやすくご解説いただきました。

われわれ鍼灸師も一般の患者さんやスポーツ選手の健康に責任を持つ立場として、今回先生にご講演いただいた内容を正しく理解しておく必要があることを再確認する貴重な機会となりました。

現在の社会状況や他業種の研修などを鑑みても、今後もオンラインでの研修や行事は増えていくことが予想されます。

次回はぜひ、オンラインでの研修参加にチャレンジされてはいかがでしょうか?

 

(学術委員長 奥田一道)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)