スポーツ鍼灸

第15回津シティマラソン大会 報告

今年も津シティマラソン大会にスポーツ鍼灸セラピー三重のメンバーを派遣し、ランナーへのケア活動を行いました。

レース開始時は雪がちらついていましたが後半は晴れて、気持ちの良いレース日和となりました。

一般的にはレース前のウォームアップのお手伝いや、良いパフォーマンスが出せるように刺さないで貼る「はり」やテーピングで体を整え、レース後の痛みや疲労軽減のケアを行っていますが、レースとは関係なく、日ごろから感じている痛みや不調の相談も多くありました。1人あたりに割ける時間は少ないのですが、私たちの持っている知識と技術を精一杯提供することができたと思います。今回は145名への施術を行い、ほとんどのランナーから、「また受けたい」「良いコンディショニングで走れた」などと好評価をいただきました。

厚生労働大臣免許を持つプロ集団の活動として、三重県内の市民マラソン大会ではランナーの皆さんのケガ予防と、健康イベントでは健康増進に繋がる普及啓発を行い、市民の健康サポーターとして活動していきます。

参加スタッフ

新谷 有紀

松阪地区

一見 隆彦

四日市地区

出口 多賀司

伊勢・鳥羽地区

森田 輔

津地区

笹尾 佑輔

四日市地区

阪井 正弘

事務職員

矢谷 淑絵

津地区

岩本 美香

鈴鹿・亀山地区

田中 順子

学生

瀧本 一

伊賀・名張地区

楠原 秀一

鈴鹿・亀山地区

矢谷 和也

アシスタント

Download (DOC, 6.35MB)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)