災害医療, 行事報告

三重県と「災害時における業務提供協定」を締結)

一昨年から災害時における業務提供協定について県と交渉を続け、令和2年2月4日に三重県鍼灸マッサ-ジ師会とともに三重県との防災協定を締結しました。

私たちが住む三重県は、東南海地震が発生した際には津波などによる甚大な被害があると予想され、災害が発生した場合とその支援活動を想定しておかねばなりません。

それぞれが所属する全国組織である公益社団法人日本鍼灸師会、公益社団法人全日本鍼灸マッサージ師会は、合同で災害時に支援ができる鍼灸師・マッサージ師の養成と、発災時に行政や関係医療団体等に対する業界の窓口となることを目的として、災害支援鍼灸マッサージ師合同委員会(DSAM(ディーサム))を立ち上げて、災害に即応できることを目的とした講習会を開催しています。

災害時には避難所設置者や他の医療関係チームと連携し、避難所の被災者を対象として、専門的な技術やノウハウを生かした活動(被災者や避難所運営従事者に対し、はり、きゅうの施術及び、体調の自己管理や疾病予防等に関する健康指導)を行います。

令和2年2月の協定締結時点において、1府2県(滋賀県、岡山県、大阪府)で、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師で構成する団体との災害協定が締結されており、三重県は全国の都道府県では4番目で、東海・北陸地区の県では初となります。

災害関連研修受講者 (2020.3.31現在)

  • 国際医療技術財団(JIMTEF)ベーシックコース修了 : 竹田博文・一見隆彦・奥田一道・小倉智秀・宮脇太朗
  • 国際医療技術財団(JIMTEF)アドバンスコース修了 : 竹田博文・一見隆彦・奥田一道・宮脇太朗
  • 日鍼会災害支援鍼灸師養成講座受講 :一見隆彦(大阪・愛知) 奥田一道・岡田 賢・・森田 輔・新谷有紀・岩本美香・矢谷淑絵(以上、愛知) 宮脇太朗(岡山)
  • 日鍼会・全鍼師会合同災害支援鍼灸師育成講座受講 : 一見隆彦・新谷有紀(以上、大阪) ※括弧内は会場
  • 災害支援鍼灸師登録会員は現在97名(会員数100名)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)