研修会報告, 青年委員会企画

青年スキルアップセミナー 「先達に学ぶ ③」

凝り固まった自分の考え方をほぐす

津市で長年開業されている川内鍼灸科の川内先生に、SSPを用いた治療法と、浅刺しとお灸を用いた治療法の実際を普段の臨床を見学するという形で教えていただきました。

複数の患者さんを1人で対応されて、素早い手つきで次々と施術していく姿は無駄な動きが少なく、治療の診断が的確で早いことが複数同時にできている秘訣なのかと感じました。SSPを駆使して、顔面神経麻痺を施術したり、五十肩、腰痛の治療に使用したりと、さまざまな疾患を見せていただく事ができました。

今年度は「スキルアップセミナー 先達に学ぶ」は3回開催しましたが、日々の臨床の中では、自分のやり方になってしまい、他の先生方がどのような治療をしているのかなど実際目にする機会は少ないと思います。

講師の先生方の考え方や知識や経験をお聞きして、多くのテクニックを学び、自身の臨床に取り入れることもでき、自分の凝り固まっていた考え方をほぐすとても良い機会になりました。講師を引き受けていただいた先生方、ありがとうございました。                                          (報告:青年委員長 奥山敬太)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)