学術研修会案内, 青年委員会企画

平成30年度 第2回青年スキルアップセミナー/鹿の解体・組織観察とバーベキュー

今年度第2回目となるスキルアップセミナーは初の試みとして、美杉町の山中で鹿の解体とその組織観察を行いました。

たまたま会員の実家が猟を行っており、鹿などの解体を手伝う時に見学して、触れた「生きた組織」の感触を参加者の皆さんと共有したいとの想いからこの企画が実現しました。

セミナーは、早朝より箱罠猟で捕獲した鹿を屠殺する所から始めました。まず、参加者全員でこれから頂く命に手を合わせて祈り、頸動脈を切って放血、皮を剥ぎ、内臓を取り出したのち、筋膜、神経、血管などをじっくり観察しながら、実際に鍼を刺して感触を確かめたりしました。まだ湯気の立つほど新鮮な組織に触れることで、鍼灸臨床の皮下で起こる生体の変化に対して、よりリアルに感じられるようになったかと思います。

今回は親子参加も多くありましたが、子供たちは動物の命が途絶え、その後のバーベキューで自分たちの胃袋に収まるところまでの体験を通し、さまざまなことを感じていただけたと思います。

参加者からは、子育て世代の鍼灸師に対して参加しやすい企画を

もっと実施してほしいとの声もあり、来年もバージョンアップして行いたいと思いますので、ご参加お待ちしています。 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)