研修会報告

平成29年度 第6回学術研修会報告/コミュニケーションツールとしての個性心理學

「コミュニケーションツールとしての個性心理學」

講師 名古屋セラピストオフィス花車ビル鍼灸院 院長 柴田俊生 先生

柴田俊生先生


 「個性心理學」とは四柱推命をベースとした統計学で、東洋医学的な思想や四柱推命を、一般人にも理解しやすい「60分類の動物キャラクター」を用いて表現したものです。

 人と人との関係を構築し、いかに円滑にコミュニケーションをとっていくかは人間社会における永遠の課題の一つですが、今回ご紹介いただいた個性心理學はその課題を解決するためのヒントとなり得る考え方であると、参加者一同たいへん興味深く拝聴させていただきました。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)