研修会報告

平成29年度 第1回学術研修会報告/鍼灸師に必要な運動学の基礎知識

「鍼灸師に必要な運動学の基礎知識」~歩行を中心にして~

講師 (株)アーチ 代表取締役 松本実生 先生

研修風景

 今年度第1回目となる学術研修会は、昨年に引き続き静岡より松本実生先生にお越しいただき開催いたしました。

 今回は昨年の内容をさらに深化させ、「歩行評価から見た鍼灸治療への応用」をテーマとし、足部の構造と機能といった基本的なところから、歩行の評価に必要な相対的な関節の運動の概念、歩行評価に不可欠な骨盤の回旋・下制・Swayといった動きの分析方法について紹介、また会館を文字通り前から後ろまでフルに使い、実際の参加者の歩行をリアルタイムで分析・ご解説いただきました。ふだん人間の生活に不可欠な「歩行」の基礎知識とその評価を学び、鍼灸臨床においても運動学という視点をもってアプローチすることの重要性を再確認できた1日となりました。

 今回も大変多くの会員の方、また一般参加者の方にお越しいただき、先生方の興味関心の高さを改めて感じております。

 今後も先生方にとって意味のある研修会を企画したいと考えております。内容等でリクエストなどいただければ検討させていただきますので、是非ご意見を頂戴できればと思います。

研修風景

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)