研修会報告

平成27年度 第4回学術研修会報告/-情報管理とその活用- 鍼灸師の経営能力を診断する

-情報管理とその活用- 鍼灸師の経営能力を診断する
講師:岡田 高先生(明治国際医療大学特別講師・岡田高鍼灸治療所annex美和健康館代表)

研修会風景

 第4回学術研修会は、岡田高鍼灸治療所annex美和健康館代表の岡田高先生にご登壇いただき、「-情報管理とその活用- 鍼灸師の経営能力を診断する」と題したご講演をいただきました。
 岡田先生は中小企業診断士としてのキャリアもお持ちの鍼灸師で、普段我々が手にしている患者様のデータをいかに経営に活かすかという 実例をお示しいただきながら、非常に分かりやすくお話を頂きました。
「経営」と聞くと「お金儲け」のイメージが強く、ともすれば拒否反応を示す鍼灸師の方も多いという話でしたが、そもそも経営とは、計画とその実行および成果の確認と検証を繰り返す、いわゆる「PDCAサイクルをまわしていく」ことであるという事実は鍼灸師の業務とも共通するものであります。
 また、情報を可視化し実現可能な目標と目的を持つことは、社会の中での鍼灸のニーズと自身の鍼灸師として提供できる「サービス」をリンクさせる作業であり、社会の一員としてどのような貢献をし、社会に自身の存在意義を作ることにつながるものではないかと考えさせられる研修会となりました。

研修会風景

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)