研修会報告

平成24年度 第5回学術研修会報告

今回の研修会は、日本鍼灸理療専門学校講師で山田鍼灸治療院院長の山田勝弘先生をお迎えして「腰痛の鍼灸臨床」をテーマに講演いただきました。
 腰痛症の多くは「原因が不明」とされており、レントゲンやMRIなどでは診断がつかないことが多いですが、筋肉の炎症や腰椎椎間関節の炎症などは可逆性の病変であり、鍼灸治療により効果を発揮できます。
 このように西洋医学的な病態把握や病態鑑別を可能にしたうえで、東洋医学的な考察も取り入れるという、山田先生の日常臨床で確立した治療スタイルをご教授いただきました

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)