研修会報告

平成24年度 第4回学術研修会報告

今回は講師に、医療法人富田浜病院 内科部長の齋藤孝仁先生をお招きし、「病名にとらわれない診断学入門」をテーマにご講演いただきました。
 病院に行くと、必ず「診断」され病名がつけられます。その常識を覆すような講義に最初から引き込まれました。また、数枚の写真を見て、望診(視診)から何科を勧めたらいいのかをクイズ形式で講義していただき、視診の重要性を再認識しました。
 先生は、病院の何科を受診するのかを患者自身が決めることが多い今の診療体系を憂慮されていました。できるだけ総合診療科を勧めることが望ましいそうです。
 我々は血液検査やレントゲンなどの検査手段を持たない分、問診、視診情報の大事さを痛切に実感した研修会でした。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)